スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊の皆さん、本当にありがとう。 PART1 【自衛隊を応援し隊】

自衛隊の皆さん、本当にありがとう。
心からの感謝の気持ちを込めて、
この記事をUPさせて頂きます。





写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿
2011.3.27 20:43 産経ニュース


↓クリックすると拡大。更にクリックで読みやすくなります。
写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿1

写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿2

写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿3



東日本大震災での自衛隊による被災者支援活動は「最後の砦(とりで)」である。
隊員はその重みを感じながら黙々と働くが、肉体的、精神的疲労は日ごとに増す。
身内に犠牲が出てもわが身を顧みず、被災地にとどまる隊員も多い。
実績を声高に誇ることもなく、黙して語らぬ隊員の思いと労苦を
隊員同士のメールや写真から検証した。
(半沢尚久、《》はメールの文面、写真は陸上自衛隊提供)


被災者の遺体に手を合わせる隊員
被災者の遺体に手を合わせる隊員


 ■車座で痛みを共有

 《海には数メートルおきにご遺体が浮いている》

 《幼い亡骸(なきがら)を目にすると、わが子とダブってたまらない》

 地震に津波の被害が重なった大震災。
遺体収容も自衛隊の重要な任務のひとつで27日までに4150体を収容した。
写真は宮城県山元町で冷たい水に膝までつかりながら遺体を囲み手を合わせる隊員を写し出す。

 日常的に遺体を扱う警察官と違い、慣れているわけではない。
とりわけ、海に流された遺体と対面するのはつらい作業だという。

 《流木にはさまれ、両手をあげていた。最後まで救助を信じていたように…》

 凄惨(せいさん)な現場は、隊員の心を消耗させ、無力感さえ抱かせかねない。
そのために陸上自衛隊はメンタルヘルスを重視し、夜ごと隊員を10人ほどの班に分け、
車座になって一日を振り返る時間をつくった。
陸自隊員は「仲間と苦しみ、痛みを共有できれば気力がわいてくる」と打ち明ける。

温かい食事は被災者に。自身は冷たい缶詰の食事をする隊員
温かい食事は被災者に。自身は冷たい缶詰の食事をする隊員


■被災者支援が第一

 《自宅が全壊、家族も行方不明という隊員が普通に働いている。かけてあげる言葉がみつからない》

 身内に被害が出た隊員も被災者支援を続ける。

 《被災地に来て12日目。風呂はまだ1回しか入れていない》

 《毎日、乾パンや缶メシと水だけ》

 炊き出しで温かい汁ものの食事を被災者に提供しても
隊員が口にするのは冷たいものばかりだ。
写真は岩手県山田町でわずかな休憩時間に狭いトラックの中で膝詰めになり、
冷えたままの缶詰の食料を口に運ぶ隊員を写す。

 22カ所で入浴支援も行っているが、汗と泥にまみれた隊員は入浴もままならない。
「わが身は顧みず、何ごとも被災者第一」の方針を貫く。

 兵たんや偵察といった自衛隊ならではのノウハウを生かし、役割も増している。
集積所によっては滞りがちだった物資輸送の効率化に向け、
自治体や運送会社を束ねるシステムを立ち上げた。
孤立地域のニーズをきめ細かく把握する「御用聞き任務」も始めた。

 《被災者の心細さを考えたら…。がんばる》


災害派遣の準備を整えた直後に津波に襲われた車列
災害派遣の準備を整えた直後に津波に襲われた車列

■米軍支援も引き出す

 宮城県多賀城市の多賀城駐屯地では整然と並んだ陸自車両のタイヤが水に埋まった。
車体には「災害派遣」の垂れ幕。
地震発生を受け、出動しようと矢先を津波にのまれたのだ。
いかに迅速に出動態勢をとるか。そんな訓練が徹底されている証しでもある。

 大規模支援を買って出た米軍を鼓舞させたのも、そんな自衛隊員の姿だった。

《米軍は初めは様子見だったが、自衛隊が命をかけて任務を遂行するさまを見て本気になった》

 東京電力福島第1原子力発電所では被曝(ひばく)の恐怖に臆することもない。
17日からの放水活動の口火を切ったのも自衛隊だった。
直後に米軍が放射能被害管理などを専門とする部隊約450人の派遣準備に入ったと表明したのは、
米側が自衛隊の「本気度」を確信したからだといわれる。

 ある隊員からこんなメールが届いた。

 《自衛隊にしかできないなら、危険を冒してでも黙々とやる》

 《国民を守る最後の砦。それが、われわれの思いだ》

 きょうも自衛隊員は被災者のそばにいる。


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110327/plc11032720480012-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110327/plc11032720480012-n2.htm

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110327/plc11032720480012-n3.htm







一体どこから来るのか、自衛隊員の半端ではない使命感
2011.03.22(Tue)JBPRESS 桜林 美佐


↓クリックすると拡大。更にクリックで読みやすくなります。
一体どこから来るのか1

一体どこから来るのか2

一体どこから来るのか3



「自分が行きます!」

 全ての隊員が口を揃えた。
福島第一原発に放水をするため、陸上自衛隊のヘリコプター「CH-47」が
出動することになった時のことだ。

 「任せろ、これくらい大したことはないさ」

 「今、無理しなくてどうする」

 被曝覚悟の作戦にもかかわらず、そんな声があちこちから聞こえてくる。

 同原発では、3月14日に3号機で放水作業中に水素爆発が起き、4名のけが人も出た。
その中には、中央特殊武器防護隊長もいた。
事故に遭った隊員は後送されるのが通常だが、隊長は下がることを強く拒んだという。

 「あの、温和なアイツがそんなことを・・・」

 同期の幹部自衛官が絶句した。
とても、そんな無理をするタイプに見えなかったが、何が彼にそう言わせたのだろうか。


■【車座になって涙を流す隊員たち】 


原発への放水作業だけではない、被災現場での救援でも厳しい状況は同様だ。
氷点下の気温の中で作業を続けるが、燃料を使うわけにはいかないと、暖をとることもない。
持っていた隊員用の携帯糧食を、迷うことなく被災者に渡す隊員ばかりだという。

 空腹の中で作業を終え、ドロドロになった戦闘服を脱ぎ、翌日、またその同じ服を着て出ていく。
それは「昨日の記憶を背負いながら行く」ことでもある。

 目を瞑ると、目の当たりにした遺体の残像が浮かんでくる。
それは阪神・淡路大震災の時も同じだった。

 当時、若かった隊員が、現在は曹長などリーダーになっており、
その経験からか、誰が命令したわけでもなく、夜は5~6人の作業部隊が車座になるのだという。


つらかった光景、ひどく悲しかったことなど、
黙々と作業をし続けたその日の全てのことを声を出して吐き出し、そして泣く。
やがて、明日も任務を精一杯やろうと誓い合って、一日を終えるのである。

 東北の隊員は、全国から派遣されている部隊を気遣い、申し訳ないという気持ちと、
自分たちは、一層頑張らねばならないという思いがある。しかし、彼らは被災者でもある。
家族や肉親を失っていたり、今なお、愛する人が行方不明となっている隊員も多い。

遺体を発見した時に「自分の家族では」という思いが頭をよぎっても、任務に私情は挟めない。


■【「今、行かなければ一生、後悔する」】


救援活動の中心となる隊員は、19歳から25歳くらいの若者ばかりである。
中には地元で知られる「ワル」だったり、不良グループのリーダーをしていたような隊員もいる。
それを40~50代の、いわば「オヤジ」たちベテランが支えている。

「人生経験も未熟で感受性豊かな世代が、人の生き死にを目の前にして、
まして肉親の所在も分からないままなのに、感情を抑え続けて、心が折れないはずがありません。
彼らは制服を脱げば普通の若者です。気持ちを打ち明ける時間をつくることは、大事なんです」

収容した全ての遺体に手を合わせ、遺体安置所まで運ぶことが自衛隊の任務だ。
彼らは安置所に入り、自分の家族を探すことはできない。
入り口で、運び込んだ遺体の冥福を祈り、また現場に戻っていく。

また、多くの隊員が妻や子を残して出動している。
残された家族はさぞかし心細いだろうが、「この国難に弱音は吐けない」と、気丈に家を守っている。

自衛官の死亡・行方不明者は計3名。
空自・松島基地の隊員1名が死亡し、陸自・多賀城駐屯地(第22普通科連隊)所属の
陸曹の死亡が確認された。

行方不明の隊員もいる。最後まで避難誘導し、津波に飲み込まれるのを住民が見ている。

仲間や家族の死に直面しても、今日も活動は続いている。
すでに生存可能な時期を過ぎ、遺体を安置所に運ぶことが続くが、
担架なども不足しているため、おぶって運んでいるという。

予備自衛官も投入されることになった。
「今、行かなければ一生、後悔する」と言う息子に、
母親は「家のことは私たちがなんとかするから」と言って送り出したという話も聞いた。

阪神・淡路大震災を経験した自衛官は言う。
「日頃、いろいろと問題を起こすヤツもいますが、
国難にあたってはすさまじい使命感でやっています。
かつて、この国を守るために特攻隊で散華したのも若者たちでしたが、
今、被災地で活動している彼らに重なります。
彼らと同じ制服を着ていることを誇りに思います」


■【初めて敬語でメールを送ってきた娘】
 

地震発生以来、東京・市ヶ谷の防衛省では、陸海空の自衛官が戦闘服姿になり、
臨戦態勢でそれぞれの任務に当たっている。多くが一度も帰宅していない。

労をねぎらうと「現場はもっと大変ですから」と言い、すぐにでも現場に行き、
共に活動したいと口を揃える。

19階建ての庁舎では、節電のために皆さんが階段を上り下りする姿が目立つ。
慌しくすれ違った叩き上げのベテラン自衛官が、ふと立ち止まり、振り返って言った。

「そういえば、娘から初めて敬語でメールが来ましたよ」
とちょっと恥ずかしそうに言った。

その内容は、
「日本に生まれ、自衛官の娘に生まれて良かったです。お父さんを誇りに思います」
とのことであった。

「明日から、現場に行ってきますよ」。
そう言って、すぐに階段を駆け上がっていった。

 復興に向けて、自衛隊の戦いはまだまだ続く。


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5688

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5688?page=2

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5688?page=3




●【ニュース Pick Up】雄弁なる行動・自衛隊と米軍、一方首相は?[桜H23/3/28]
http://www.youtube.com/watch?v=BtU_cGMVCH4



●【葛城奈海】被災地を支える自衛隊の活動現場[桜H23/3/22]
http://www.youtube.com/watch?v=cwMMc6C7Vok








    『日本文化チャンネル桜』を見よう!



日本人必見!
これを見ないと損をする!
既存のメディアでは報道されない(国民に知らされていない)
真実がここにある!


★チャンネル桜 ネット視聴<無料>

・チャンネル桜 YouTube版      ・チャンネル桜 ニコニコch
チャンネル桜YouTube チャンネル桜・ニコニコチャンネル

★チャンネル桜 So-TV<有料>…月々3,150円

ネットで好きな時間に視聴できます!
YouTubeやニコニコchで見られない映像も沢山!
『田母神塾』や『大道無門』なども見ることができ、
『闘論!倒論!討論!』も3時間たっぷりご覧になれます!
チャンネル桜を支援しながら過去のライブラリーまで完全網羅!

チャンネル桜・有料-So-TV


★チャンネル桜@スカパー スカイパーフェクトTV 217ch

セレクトショッピング217にて放送中!
視聴無料…スカパーにご加入の方なら誰でも無料でご覧になれます。
月~土:20時~放送中!
スカパー番組表

★さくらじ(ネットラジオ)<無料>

「チャンネル桜」から若いエネルギーで日本を守るために配信!
毎週水曜 22時~23時  出演:古谷経衡/木間ゆり

さくらじ

さくらじBlog

★チャンネル桜公式HP

チャンネル桜公式HP






★☆★☆★☆ 頑張れ日本!全国行動委員会 ★☆★☆★☆
////////////////////////////////////////////////////

日本が危ない!
政治家に任せておいたら、日本は終わる!
自分や家族の命や財産、そして、この国を守るために、
あなたにも出来ることがあります!!


チャンネル桜より、田母神俊雄(前航空幕僚長)氏を会長とした
日本を守るための国民運動組織が創設されました。

頑張れ日本!全国行動委員会 公式サイト

////////////////////////////////////////////////////
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



あなたの生命・財産を守るために!日本を守るために
 ポチッと1クリック ご協力お願い致します。

FC2ブログランキングバナー
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

日本人よ目覚めよ!
麻生にゃん「日本奪還」

ご訪問ありがとうございます。
只今閲覧中♪
現在の閲覧者数:
ブログランキング
お手数ですが、それぞれ
ポチッと1クリック
ご協力お願い致します。
FC2ブログランキングバナー 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
  ご協力ありがとうございました。
プロフィール

心和(ここわ)

Author:心和(ここわ)
cocowa

数年前、知人の影響で不覚にも韓流にハマり、
そこで、韓流ファン(在日コリアン)との戦いを経験をしたことから、
国民が知らない間に、日本が危険にさらされているという真実に突き当たる。
自分たちが学校教育とマスメディアに洗脳されていたことに気づいたことにより、
『1人でも多くの洗脳されている日本人を目覚めさせたい!真実を知り、正しい歴史認識をし、日本人としての誇りを1人でも多くの人に持ってもらいたい。』と思っている。
(尚、現在は韓流ドラマなど一切見ていない。)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
★重要記事まとめ★
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
人気ブログランキング結果

★FC2ブログランキング
政治 社会 哲学・思想 歴史
★人気ブログランキング
政治 哲学・思想 歴史
★にほんブログ村
政治 政治・社会問題 歴史 近代・現代史 哲学・思想 民俗・民族学
ブロとも一覧

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

女だらけの戦艦大和・総員配置良し!

英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
素材元
こちらの素材を
使用させて頂いています。
★ Atnet Japan !
Atnet Japan! バナー
★アニマル フォト
アニマルフォト
RSSリンクの表示
ASPアクセス解析
日本文化チャンネル桜
★チャンネル桜 YouTube版(無料)
チャンネル桜YouTube

★チャンネル桜 ニコニコch(無料) チャンネル桜・ニコニコチャンネル

★チャンネル桜 So-TV(有料)
月々3,150円
YouTubeやニコニコchで見られない映像も沢山!
チャンネル桜・有料-So-TV

★チャンネル桜@スカパー
スカイパーフェクトTV 217ch
セレクトショッピング217にて放送中!
視聴無料
月~土:20時~放送中!
スカパー番組表

★チャンネル桜公式HP
チャンネル桜公式

★さくらじ<ネットラジオ>(無料)
さくらじ
頑張れ日本!全国行動委員会
頑張れ日本!全国行動委員会 公式サイト
田母神俊雄公式HP&ブログ
●ブログ
田母神俊雄公式ブログ

●公式ホームページ
田母神俊雄公式HP
国民が知らない反日の実態
国民が知らない反日の実態バナー 
メディアパトロールジャパン
メディアパトロールジャパン
やまと新聞社
MSN産経ニュース(産経新聞)
MSN産経ニュース
手作りチラシ集積サイト
手作りチラシ集積サイト
みんな、ダウンロードして
1人でも多くの人に配布してね~!
衆議院TV・参議院TV
時間に関係なく、いつでも無料で国会中継を ノーカットでご覧になれます!
●衆議院TV
衆議院TV

●参議院TV
参議院TV
twitter
リンク
おすすめの本
田母神塾
amazonで購入

『 田母神塾 』
これが誇りある日本の教科書だ 
田母神 俊雄 (著)
  双葉社 (版)
この本こそ学校に置いて
日本の歴史教科書に
するべきです!

大東亜戦争の正体
amazonで購入

大東亜戦争の正体
―それはアメリカの侵略戦争だった
清水 馨八郎 (著)
祥伝社 (版)

民主党の正体
amazonで購入

『民主党の正体』
撃論ムック(版)
西村幸祐 責任編集

民主党解剖
amazonで購入

『民主党解剖』
産経新聞政治部(著)
産経新聞社(版)
真実を伝える雑誌・書籍 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。