スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦場の道徳』-私もこんな授業を受けたかった。【追記有り】

いつも当ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

今日は、ちょっとだけ、私の体験談というか、思い出話を元に書きたいと思います。

それは…私が高校3年生のときのことです。
実は、そのころ私は、ある先生に淡い恋心を抱いていました。
別に何があるわけではなく、心の内に秘めたままの、単純に片思いだったんですが…。(笑)

それは、担任の先生ではなく、政治経済を担当している先生でした。
その先生は、ちょっと熱血漢があって、素朴な感じがしました。

高校も卒業を控えた3学期のある日。
先生が原爆被害者の写真のパネルなどを持ってきて、
原爆記念日でもないのに、突然、平和授業が始まったのです。

私は、何故、今、平和授業なのか?ちょっと不思議に思いました。
「小学生や中学生じゃあるまいし、それに8月でもないのになあ。」
って。

でも、そこで教えられたのは、原爆の悲惨な状況や、戦争は良くないということだけではなく、
「日本が中国や韓国に対して、とても悪いことをした!
生き埋めにしたりして多くの中国人や韓国人を殺した。
(たぶん、でっちあげの南京大虐殺の映像のことでしょう。)」
ということでした。

もちろん小学生や中学生の時にも平和授業があったので、
それなりのこと(日本が中国や韓国に悪いことをしたということ)を
先生から聞いていたかもしれませんが、その記憶はほとんどありません。

小学校、中学校の時の平和授業の感想は、
「原爆って怖いな。」「被害にあった広島、長崎の人は可愛そうだな。」
「自分が戦争のない(日本では)時代に生まれて良かったな。」
「アメリカはそんな兵器を使って多くの人を殺すなんて最低だ!」
そいういったものでしたから、そこまで痛烈に『日本が悪い!』という気持ちが
なかったように思います。

しかし、その私が好きだった先生に教わったその日から、
『日本は悪いことをしたんだ!』
そういう意識がはっきりと芽生え始めました。

しかし…それから、何年もの年月が過ぎ、
あの大東亜戦争が自尊自衛をかけた戦争であったこと、
アジア諸国を欧米諸国の植民地支配から独立へ導いたのが日本だったことや、
南京大虐殺や強制連行、従軍慰安婦などは完全なでっち上げで、
日本人に罪悪感を植え付け骨抜きにするウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム
だったことも、それを戦後64年もの間、現実にあったことだと主張し続け、
日本人の血税を奪い取る中国や韓国の材料にされてしまったことも解った今、
あの時の、あの先生の授業はいったいなんだったんだろう?と思いました。

今は、大東亜戦争の真実も少しは勉強しましたし、
戦後、今日に至るまで、ずっと洗脳され続け、今、日本に忍び寄っている危機も
感じることができない国民がほとんどだという状態も知った上で、理解できたのが、

あの先生は…日教組の組員だったんだ!

ということです。
私の淡い青春(←これって死語だよね?爆)の想い出が泡となって消えていきました。(泣)

…とまあ、私の話はこれくらいで、先日、チャンネル桜さんで放送された
「戦場の道徳」という授業がとても感動的で、皆様にお伝えしたいと思っていました。
きちんとしたことを教えれば、小学生だろうが高校生だろうが、ちゃんと解るんです!
伝わるんです!

今、日教組の組合員である教師達が行っているのは、学力を低下させ、
当たり前の意識(親孝行をするだとか、友達とは仲良くするだとか、
人には思いやりを持って接するだとか)を、子供達に持たせないようにする教育です。

常識もなければ、節操もない、頭の悪い日本人を育成するための先生なんです。
絶対に許せません!

下の動画は、皆様に、ぜひ見ていただきたい『戦場の道徳』です。
この動画は1人でも多くの人に広めてください。
学校では、ほとんどこのような授業をしません。

ここに登場する先生には、私は敬意を表したいと思います。
私も、あの高校生の3学期に、こういう授業を受けていれば、
その後、何年もの間、『日本人としての誇り』を失わずに生きて行けたのに…
そう思うと非常に残念です。
でも、生きている内に、この授業を見ることが出来て良かったと思います。

(YouTubeの動画では見つけられませんでしたが、高校の先生が
実施された授業もありました。)


●【自由主義史観研究会】海の武士道-敵兵を救助せよ[桜 H21/7/29]




↓必見!私が失望させられた日教組については、こちらから!

日教組の正体-by 国民が知らない反日の実態


●日本の乱れの元凶、これが日教組の正体だ!



実は…ほとんどの国民が知りませんが、日教組は北朝鮮ととても関係の深い組織です。
下の写真をご覧頂くと、おわかり頂けるかと思いますが、
日本の教師の集会に何故ハングルなんでしょか?日教組教研集会マーク付き

子供達を二度と戦場に送らないだとぉ~?
だったら、日本に向けてミサイルを発射し、核実験をしている北朝鮮を擁護しているとしか
思えない、その姿勢は、どう説明するのでしょうかぁ?

***************************************************
※ ご協力お願い致します。 ※
『日本精神』 『大和魂』 を後世に残すために
そして、日教組、マスコミの1憶2千万人、一斉マインドコントロールから
日本に目覚めてもらうために、お手数ですが、それぞれを 
 ポチッと1クリック ご協力お願い致します。

FC2ブログランキングバナー
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ご協力ありがとうございました。
***************************************************

スポンサーサイト

魔法の食べ物 “ おにぎり(塩むすび) ”

ゴールデンウィークも後半ですが…
こちらをご覧の皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

今年のゴールデンウィークは100年に1度の不況で
多いところで16連休という、ほぼ半月お休みという状態のところもあるようです。
働く人にとって、お休みが多いことは嬉しいことですが、
この状況は、決して喜べるものではありませんね。
なんとか、この不況が少しでも早く回復してくれることを願います。

さて、話題が暗くなりがちですが、こんな時こそ、元気を出さねばなりませんっ!

ゴールデンウィーク中に旅行に行かれた方、
テーマパーク に行かれた方もいらっしゃるでしょうが
行楽にお出かけされた方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

時には、家族や仲間、カップルで、のんびり青空の下で
手作りのお弁当を広げるのも、良いものです。

行楽のお弁当と言えば、サンドイッチもそうですが、
やはり日本人は、なんと言っても“ おにぎり でしょう
今日は、この“ おにぎり について書いていきたいと思います。

“ おにぎり

これは、日本人にとって一番素朴だけど、『かけがえのない食べ物』だと思います。
今は、ツナだの焼き肉だのと、いろんな具の入った“ おにぎり
コンビニなどで売っています。

しかし…やはりなんと言っても、手でにぎった、素朴な“ おにぎり が一番です。
贅沢を言えば、のりが巻いてあって、横に漬け物(できれば黄色のたくあん)があればベストです!

でも…素朴を追求すれば『塩むすび』でしょうね。
これだけでも です。

私は、この“ おにぎり に、底知れぬ元気の源を感じます。
魔法の食べ物だと思います。

よくドラマや映画で、登場人物が、何か大きなアクシデントにあって
もう、立ち上がれないくらい どっぷり と落ち込んでいる。
何日も食事が喉を通らない。
そのようなシチュエーションで必ず出てくるのが“ おにぎり です。

「もう何日も、なにも食べてないじゃないか…お腹がすいただろう?
ここに置いておくから、食べるんだよ。」

そう言って、そっと置いていくのが“ おにぎり なのです。

そして、人気(ひとけ)がなくなってから、落ち込んでいたその人は、
そっと、その“ おにぎり に手を伸ばし、
涙を流しながら、ほおばるのです。

先日、こちらでも触れた『ALWAYS 続・ 三丁目の夕日』の中で、
堤真一さん演じる鈴木則文の親戚の鈴木大作(平田満さん)が
事業に失敗して、ダム建設現場に出稼ぎに行く為、
娘の美加を、鈴木オートに(則文の家に)預けていくことになります。

しかし、その美加は、お父さんが事業に失敗するまでは、良い暮らしをしていたようで、
更に、親戚の家に預けられたことを受け入れられなくて
美加の為に、晩ご飯に用意された「すき焼き」の肉が、牛肉ではなく豚肉であったことを
「こんなのすきやきじゃない!」とゴネて、夕食を口にしません。

その美加の様子を見かねた、
集団就職で上京し、鈴木オートに住み込みで働いている六子(堀北真希さん)が
こっそり、お茶碗を転がして作った“ おにぎり を用意していて
「お腹へったでしょう?お腹へったら、これを食べなさい。」と
美加の寝床に、その茶碗を転がして作った“ おにぎり を、そっと置いておくシーンがあります。
もちろん、美加は空腹に負けて、あとで、ひっそりと布団の中で、その“ おにぎり をほおばります。


Always


また、私が好きな俳優、佐々木蔵之介さんが主演の映画 『間宮兄弟』 の中でも
“ おにぎり が重要な役割を果たします。

間宮兄弟

『間宮兄弟』 は、ビールメーカーに勤務する、兄の間宮 明信(佐々木蔵之介さん) と
小学校の校務員の弟、間宮 徹信(ドランクドラゴン:塚地 武雅さん)のちょっとオタクな?
恋愛に縁がない兄弟の、2人暮らしの生活を描いた「まったり」とした映画です。

ある日、秋信が職場の先輩の離婚の相談を受け、
先輩と奥さんの間に挟まれ、嫌な思いをして家に帰ってくると
いつも一足先に帰って、自分の帰りを待ってくれている弟の徹信が居ない。
「どうしたんだ?今日はどうしても居て欲しかったのに…」
秋信は徹信に、今日の出来事を聞いて欲しかったのです。

しかし「何があっても、徹信を優しく迎えてあげよう。」
そう心に誓い、洗濯物をたたみながら待っていると、弟の徹信が帰ってくるのですが、
どうも様子がおかしい。
何かに憤りを感じて、自分の気持ちを何処にぶつけたらよいのか解らない
という状態の徹信。

秋信が「どうしたんだ?君らしくもない。何があったんだ?」と問いただすと
どうも、ゲームセンターで声をかけられた女の子のお店に、
言われるまま着いていったら、コーヒー牛乳2杯で10万円という料金をふっかけられ、
財布ごと取られたらしい。
徹信が行った店は 『ぼったくりバー』 だったのです。

「カードも取られたのか?今時は、24時間対応だから…。」と言う秋信に
「もう止めたよ!そんなにバカじゃない!」と乱暴に答える徹信。
「徹信、お腹減ってないか?お腹すいただろう?兄ちゃんが塩むすびをつくってやる。」
そう言って秋信は、パジャマに着替えている徹信を見つめながら
“ おにぎり を握ります。

何もついていない「塩むすび」です。
徹信は、兄がにぎった「塩むすび」を食べながら涙を流します。
「うまい…」(徹信)
「よかったじゃないか…無事に生きて帰って来られただけで。」
そう言ってズズーーーーっ!と御茶をすする秋信。
この秋信の一言がまたとても深い。
私的には好きな1シーンです。

また、ちょっと昔の映画ですが 『福沢諭吉』。
この映画でも“ おにぎり が、
1人の男の心を溶かしていきます。

福沢諭吉

福沢諭吉(柴田恭兵さん)が、慶應義塾をつくり
当時は、幕府の公用語がオランダ語であったため、
日本語に訳した英語の辞書がなかったので、
英語をオランダ語に訳した辞書などを利用しながら
日本語訳の英語の辞書を作成していました。

ある日、諭吉の生徒の1人で、海外に勉強をしに行った男が
諭吉の元に変わり果てて帰ってきます。
一度にたくさん学ぼうとして、精神を病んでしまったのです。
そして「先生は毒(よくないもの)を(日本に)持ち込んだ!」
そう言って、恩師である諭吉に対して、刃を向けます。

その男は、他の生徒によって押さえられ、諭吉も無事でしたが、
その後、その男は「毒が入っている」と言って、水以外のものを一切口にしません。
見かねた諭吉が、おにぎりを握ってその男に
「ずっと何も食べていないじゃないか。
私が握ったんだ。毒は入ってないから食べなさい。」
そう言って、まず自分でそのおにぎりを食べて見せます。
男は、大丈夫なことを見届けて、安心して、泣きながらおにぎりを口にします。
後日、その男は、他の生徒と一緒に、また勉学に勤しむようになります。

どうでしょうか?
私が覚えているだけでも、こんなに“ おにぎり が、
人の心を癒し、力を与えるシーンを取り入れた映画があるんです。

“ おにぎり って、スゴイと思いませんか?
どうして、“ おにぎり にそんな力があるのでしょうか?

“ おにぎり は、決して豪華な食べ物ではありません。
「カレーライス」や「ハンバーグ」の方が、よっぽど豪華で満足できると思います。
でも、そうじゃないんです。
“ おにぎり
でなくてはいけないんです。

私は思います。
“ おにぎり は、両手でしっかりと、ご飯をその手の中で包み込みながら
握り込んでいくのです。
その握っていく工程に、握る人の食べる人への愛情が込められているのです。
“ おにぎり は、そのにぎった人の愛情が感じられる素晴らしい食べ物なのです。

ですから、涙がこぼれるのです。
そして元気になれるのです。

こんな素晴らしい魔法の食べ物がある国。
それが我らの国、日本なのです!

*****************************************************
※ ご協力お願い致します。 ※
『日本精神』 『大和魂』 を後世に残すために
お手数ですが、それぞれを  ポチッと1クリック ご協力お願い致します。

FC2ブログランキングバナー
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ご協力ありがとうございました。
*****************************************************

古きものを守りながら、新しいものを取り入れていく-その③

どこから…この日本は、こんなに変わってしまったんでしょうか。

「この人の背中を見て生きていこう!」

そう本気で思わせてくれる大人が少なくなった気がします。

昔は、先輩や上司というのは、後輩や部下をかばってくれたりもしましたよね?
たぶん…
今は、上に立つ者がきちんと責任をとれない時代です。
責任のなすりつけあい。
何のための役職なんでしょうか?って思います。

学校では、今は運動会で1等、2等、3等をつけてはいけないんだそうです。
スポーツクラブに入っている子の親は、自分の子供が選手に選ばれなければ
「どうしてうちの子が出ないんだ!」と抗議をするとか…。

わたしから言わせれば「他の子より下手だからだろ!」ってだけの話です。
悔しかったら、選手になれるように頑張ればいい。
補欠だって立派なメンバーだと私は思います。

いろんな粒がいて、ひとつのチームが出来上がるわけですからね。
生きていく上では、それぞれに役割があるんです。
挫折の経験も必要です。
「選手になれなければ、親がかけあってくれる!」
そんなことをしてるから、自分で自分に責任を持って行動できない子供が増えるんです。

昔は勉強が出来なくても、運動会で1等をとれたら、
それだけでも自分に自信を持てる子供がいました。
それの何がいけないの?って思います。

確かにその昔、学歴社会で落ちこぼれた子は不良化したりしましたが、
だから、みんな横一列の運動会をやるわけですか?
今の時代は、不良が不良とわからないくらい普通の顔して、
こっそり裏で悪いことをしている。
周りからは普通の子に見えるだけタチが悪いです。
根本的な問題は解決しないと思いますよ。そんなことじゃあ。

それより、人間形成をしていく課程で、みんなと足並みをそろえるように
教え込まれた子供達は、社会人になってはじめて、競争の中に飛び込むわけです。
だから、そこで対応していけなくて、社会を恨んで無差別犯罪を犯したりするんです。

確かに私が生まれ育ってきた時間の間に、いろんなことが進歩し、
便利で快適な世の中になりましたが、
その反面、この日本は大切な何かをどこかに置いてきてしまったように思います。

古き良き時代の魂は大切にして、新しいものを取り入れていくのが真の姿だと思いますが…。

*****************************************************
※ ご協力お願い致します。 ※
『日本精神』 『大和魂』 を後世に残すために
お手数ですが、それぞれを  ポチッと1クリック ご協力お願い致します。

FC2ブログランキングバナー
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ご協力ありがとうございました。
*****************************************************

古きものを守りながら、新しいものを取り入れていく-その②

さて前回の「その①」の続きです。

私は、未婚者ですので子供もおりませんが、
子供を持つ同級生の話や、職場でたまたま学校のこと、
PTAのことなど耳にすることがあり
『今の子供達が大人になった将来の日本』 を考えると
かなりの不安を覚えます。

今の子供達は、過保護に育てられすぎています!

この意見には賛否両論あるかもしれませんが、
私は過保護に育てられていると思います。

昔は、スーパーやデパートで床に座り込んでワーワー大声を上げて
この世の終わりのように泣き叫んでいる子供 をよく見かけました。 
 「お菓子を買ってーっ!」「おもちゃを買ってーっ!」とせがんでいる子供です。

しかし、どんなに泣き叫ぼうが母親は
「家に沢山お菓子(おもちゃ)あるでしょう?」
とか「買わない!って言ったら買わないの!」
と断固として子供の言うなりになりませんでした。

子供は、ここで『我慢』ということ『辛抱する』ということを
覚えるのです。


しかし、今は人前で子供に大声で泣かれるのが恥ずかしいのか?
それとも我が子可愛さの溺愛からなのか?
お菓子やおもちゃをすぐに買い与えてしまうので、
店の中で泣き叫ぶ子供をあまり見かけません。

これは、本当にこれで良いのでしょうか?

あとは、自分が買い物に夢中になり、店の中で走り回っている子供に
注意すらしない親。
下手をすれば、だっこしなければいけないような小さな子供をつれた親御さんは、
支払いの際にその子をどうしたらいいのかわからないのか?
レジカウンターに子供を立たせたり座らせたりして支払いをしている・・・。

この光景はギョッ とするものがあります。
昔は机に昇ったら、親から「どこに昇ってるんだっ!」と叱られたものです。

子供の買い物の仕方も変わってきました。
昔は(消費税なんてなかったので)100円玉を握りしめて
学校の近くにあるお店(文房具やお菓子、ちょっとしたカードなどの遊ぶ物を置いていた)
に行って、
「すみませ~~ん!」と声をかけ、お店のおばちゃんに
「これください。」と言って支払いをしたものです。

今時の子供はひどい子になれば、1万円札をレジでポンっと投げて
レジカウンターに肩肘ついておつりを待っている子もいます。
きっと、親が買い物をするときにそういう態度なのでしょうが…
呆れて物が言えません。

だいたい小学生くらいの子供が1万円札を持って買い物なんて
昔はあり得ませんでした。
親は、余程、おつかいなどで大きなお金しかない場合以外は
子供に大金を持たせたりしませんでした。

更にビックリすることは、これも私が目の当たりにした光景ですが、
今時の子供の中にはトレーディングカードなど、箱買いするやつがいるのです。
(要するに子供のクセに大人買いをするのです。)

ブロ野球チップスでしたっけ?あと仮面ライダーチップス?を大量にまとめ買い。
どう見ても「そんなに食べないだろう?」って感じなのですが、
案の定、おまけのカードだけ取って、あとは店の側の溝にドッカリ捨てられてました。

物が溢れ、お金が有り余った家庭に育った子供達は
日本古来からの『もったいない!』と言う言葉を
知らないようです。

あとは、本当に子供が贅沢な物を沢山持っている時代ですね。
携帯電話も、学校に行くのに必要ないだろうって思いますね。

親から言わせれば、「何か事故などあった時に困る」という理由のようですが。
確かに、誘拐とかそういうのがあっては困るので仕方ないと言われれば
なんとも言いようがないのですが…

それからゲーム。(これも高価な品物ですよね。)
私の同級生の家では、子供がゲームをしていたら、
自分たち親が を見られないからと、
子供用に別に を買い与えてました。
親がを見ている間は、子供は我慢すればいい話です。

これらの高価な物を買い与える理由は、
「みんなが持っているから、持っていないといじめられる」というもの。
我が子がいじめられるのは可愛そうってことなのですが…

これも、どこかで修正しなくては、今後、格差社会が本格的に進むと
買いたくても買えない家庭も出来てきますよね?
そうなると、学校でいじめられる子供が増えていくことは免れませんよね。

大人はもちろんのこと、子供も経済感覚が狂っている時代だと思います。

世界的な不況も、人間が欲望を持ちすぎた為に起きたことだと私は思っています。
神様から「お前達は何処まで欲が深いんだ!」そいう言われているとしか思えません。

*****************************************************
※ ご協力お願い致します。 ※
『日本精神』 『大和魂』 を後世に残すために
お手数ですが、それぞれを  ポチッと1クリック ご協力お願い致します。

FC2ブログランキングバナー
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ご協力ありがとうございました。
*****************************************************



古きものを守りながら、新しいものを取り入れていく。-その①

大ヒットした『ALWAYS 三丁目の夕日』『ALWAYS 続・ 三丁目の夕日』を
皆さんはご覧になりましたか?

私は2本ともDVDをレンタルして見たのですが、
まさに高度経済成長を遂げようとしている時期の、
古き良き時代の日本が描かれていました。

戦後の貧しさから抜け出すために、みんなが一生懸命だった頃。
やっと日本が未来に希望を持ち始めた頃。
登場人物1人1人の暖かさに涙が溢れました。

1945年の終戦から今年で64年。(2009年現在)
そのたった64年に、どれだけ日本という国が、
そして日本人が変わってきたことでしょう。

この映画の舞台は、まだ私が生まれる前の昭和30年代です。
ですから、私達が子供の時の電化製品などは、映画の中のものよりは、
もう少し進歩したものでした。

私達が子供の頃は、DVDどころかビデオもありませんでした。
携帯電話やパソコンなんて、とんでもありません。

自分が見たいテレビ番組があれば、家にいなければ見ることは不可能でした。
それも親が他の番組を見ていれば、当然あきらめなければならない状態です。
今のように、あとで録画したものを見ることなんて出来ませんでしたから。

ですから、昔は一家団欒というものがありました。
行儀が悪いかもしれませんが、家族全員で同じ番組を見ながらご飯を食べたりしてました。
(ご飯の時はテレビを見ないという厳しいしつけの家もあったようです。)

ビデオがなかった当時、私は、よく父親のカセットレコーダーを借りて、
好きなアニメの音声だけを録音したものです。
周りが音を立てると「シーッ!」(録音中だから静かにするように)と言いながら、
必死にテレビ画面やカセットレコーダーとにらめっこしてました。

ビデオデッキがはじめて我が家に来たときには、
自分の好きな番組がいつでも好きなときに何度でも見られることに感動したものです。
周りの雑音も入らなければ、音だけではなく映像がいつでも見られるのですから。

それに比べると、本当に今は便利になりました。
高画質のDVDで、好きな番組を何度も見ることが出来るのです。
(保管だって、ディスクですから、コンパクトに収まります。)

昔は、ドラマだって、もう一度見たいものは、
テレビでいつ実現するか解らない再放送を待つしか有りませんでした。
今は、放送が終了すれば何ヶ月もしないでDVDが発売され、
レンタルビデオ屋さんに並びます。

また、Wラジカセが登場して、好きな曲をダビング出来るようになったときの
喜びといったらありませんでした。
今は、パソコンで取り込んで、ipodなどに曲を入れて持ち歩く時代です。

パソコンが有れば、逢ったこともない遠方の人とでも友達になれる。
それどころか語学ができれば、外国の人ともリアルタイムで話すことができるわけです。
携帯電話の普及で、待ち合わせのときにも連絡が取りやすくなりました。

写真だって、昔は大切な場面での写真は、現像が出来上がるまで
「うまく撮れているだろうか…」と心配したものです。
今はデジカメで撮ったら、その場で確認ができます。
そして、そのままパソコンに繋げば簡単にプリントアウトできます。

洗濯機だって全自動だから、ほおっておいても洗濯機が勝手にやってくれます。
そのうち、センサーでゴミを認識して勝手に掃除してくれる掃除機なんか
出来ちゃうんじゃないか?と思うくらいです。(笑)

コンビニを筆頭に24時間営業のお店も増えました。
支払いもコンビニの端末機器を使えば、24時間いつでもOKです。
買い物だってネットで注文すれば、家まで届けてくれます。

本当に便利な世の中になりました。
手塚治虫さんの『鉄腕アトム』などで見ていた世界が現実になっていっているのです。

しかし・・・

物が増え、便利な世の中になったことの代償として、
心の貧しい日本人が増えたように思います。

先日、ある学校で起きたことだそうですが、
「給食を食べるとき、うちの子供に 『いただきます。』 と言わせるのはけしからん!
うちは、お金(給食費)を払って給食を食べているんだ!」
とPTAが学校に対してそのように言ったというネット記事を目にしました。

『いただきます。』 『ごちそうさまでした。』 は
『おはようございます。』 『こんにちは』 『こんばんは』
と同じです。

『いただきます。』 は、今日もこうしてご飯を食べられることに感謝する言葉です。

まず、食べ物を与えてくれた神様に感謝。
食べるために一生懸命働いてくれている親に感謝。
給食をつくってくれる人に感謝。
食材である野菜や米をつくっている農家の人に感謝。
魚を釣ってきてくれる漁師さんに感謝。
牛や豚、にわとりを育てている牧場の人に感謝。
そういう全てのものに感謝して『いただきます。』というのです。

今、巷で「ありがとう」を何千回、何万回と口にすれば幸せになる
などと言う本などが流行っていますが、
どんなに「ありがとう」と何万回唱えようと、
本当に感謝の気持ちがなければなんにもなりません。
その感謝するという気持ちを日本人は、どこかに忘れてきてしまったように思います。

そもそも、「ありがとう」という言葉は、
幸せになるためにとか、運気が良くなるようになどという
そういった計算の元に口にする言葉ではないはずです。
どこまで、日本人は欲深く、そして貧しい心になってしまったのでしょうか…

このブログをご覧の皆様はどう思われるでしょうか?

                          【 written by 心和 】

*****************************************************
※ ご協力お願い致します。 ※
『日本精神』 『大和魂』 を後世に残すために
お手数ですが、それぞれを  ポチッと1クリック ご協力お願い致します。

FC2ブログランキングバナー
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ご協力ありがとうございました。
*****************************************************


日本人よ目覚めよ!
麻生にゃん「日本奪還」

ご訪問ありがとうございます。
只今閲覧中♪
現在の閲覧者数:
ブログランキング
お手数ですが、それぞれ
ポチッと1クリック
ご協力お願い致します。
FC2ブログランキングバナー 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
  ご協力ありがとうございました。
プロフィール

心和(ここわ)

Author:心和(ここわ)
cocowa

数年前、知人の影響で不覚にも韓流にハマり、
そこで、韓流ファン(在日コリアン)との戦いを経験をしたことから、
国民が知らない間に、日本が危険にさらされているという真実に突き当たる。
自分たちが学校教育とマスメディアに洗脳されていたことに気づいたことにより、
『1人でも多くの洗脳されている日本人を目覚めさせたい!真実を知り、正しい歴史認識をし、日本人としての誇りを1人でも多くの人に持ってもらいたい。』と思っている。
(尚、現在は韓流ドラマなど一切見ていない。)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
★重要記事まとめ★
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
人気ブログランキング結果

★FC2ブログランキング
政治 社会 哲学・思想 歴史
★人気ブログランキング
政治 哲学・思想 歴史
★にほんブログ村
政治 政治・社会問題 歴史 近代・現代史 哲学・思想 民俗・民族学
ブロとも一覧

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

女だらけの戦艦大和・総員配置良し!

英霊鎮守

I  Love ☆ Japan!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
素材元
こちらの素材を
使用させて頂いています。
★ Atnet Japan !
Atnet Japan! バナー
★アニマル フォト
アニマルフォト
RSSリンクの表示
ASPアクセス解析
日本文化チャンネル桜
★チャンネル桜 YouTube版(無料)
チャンネル桜YouTube

★チャンネル桜 ニコニコch(無料) チャンネル桜・ニコニコチャンネル

★チャンネル桜 So-TV(有料)
月々3,150円
YouTubeやニコニコchで見られない映像も沢山!
チャンネル桜・有料-So-TV

★チャンネル桜@スカパー
スカイパーフェクトTV 217ch
セレクトショッピング217にて放送中!
視聴無料
月~土:20時~放送中!
スカパー番組表

★チャンネル桜公式HP
チャンネル桜公式

★さくらじ<ネットラジオ>(無料)
さくらじ
頑張れ日本!全国行動委員会
頑張れ日本!全国行動委員会 公式サイト
田母神俊雄公式HP&ブログ
●ブログ
田母神俊雄公式ブログ

●公式ホームページ
田母神俊雄公式HP
国民が知らない反日の実態
国民が知らない反日の実態バナー 
メディアパトロールジャパン
メディアパトロールジャパン
やまと新聞社
MSN産経ニュース(産経新聞)
MSN産経ニュース
手作りチラシ集積サイト
手作りチラシ集積サイト
みんな、ダウンロードして
1人でも多くの人に配布してね~!
衆議院TV・参議院TV
時間に関係なく、いつでも無料で国会中継を ノーカットでご覧になれます!
●衆議院TV
衆議院TV

●参議院TV
参議院TV
twitter
リンク
おすすめの本
田母神塾
amazonで購入

『 田母神塾 』
これが誇りある日本の教科書だ 
田母神 俊雄 (著)
  双葉社 (版)
この本こそ学校に置いて
日本の歴史教科書に
するべきです!

大東亜戦争の正体
amazonで購入

大東亜戦争の正体
―それはアメリカの侵略戦争だった
清水 馨八郎 (著)
祥伝社 (版)

民主党の正体
amazonで購入

『民主党の正体』
撃論ムック(版)
西村幸祐 責任編集

民主党解剖
amazonで購入

『民主党解剖』
産経新聞政治部(著)
産経新聞社(版)
真実を伝える雑誌・書籍 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。